スマートガジェット

【決定版】ダウンライトでもアレクサで操作できる裏技!?|スマートプラグを駆使してスマート化

あなたは新築の照明計画を全てハウスメーカーや工務店に任せていませんか?

せっかくの注文住宅なんですからたくさんカスタマイズしてしまいましょう!

今回は,おしゃれライトの代表格「ダウンライト」をアレクサなどのAIスピーカーで操作できる方法をご紹介します。

Twitterで紹介したところ,詳しく知りたいと問い合わせが何件かありました。

スマートプラグを使ったダウンライト操作ハックを詳しく解説していこうと思います。

音声で照明を操作する方法

音声で照明を操作する方法はいくつかあります。

  • スマート電球を使う方法
  • スイッチャーを使う方法
  • HEMSを使う方法
  • スマートプラグを使う方法

我が家のリビングダイニングではスマートプラグを使う方法を選びました。

スマートプラグとは

そもそもスマートプラグとは、家電や照明などの電源とコンセントの間にこれを中継させることで、電源オン/オフをすることができるアイテムです。

なんと!このスマートプラグがあれば、家のWi-Fiからネットワーク経由でリモート操作して電源オン/オフさせることができるんです!

多くのメーカーから発売されていますが,今回はTPLink社のスマートプラグを使用しました。

音声で操作というのは,Amazon EchoのAIスピーカーであるアレクサと,このスマートプラグの連携によってできるわけです。

オーソドックスな使い方としては,画像のようにコンセントにスマートプラグをさしてライトを接続するんですが今回は少し違う使い方をしています。

スマートプラグを使う意味

スマートプラグを使う方法の利点は3つあります。

照明本体がスマートライト対応でなくても良い

スマート電球など,照明自体がWi-Fiに繋がる機能があり音声操作できるものがあります。

ただし,これらは照明の種類の中でもごく一部です。

使いたいタイプの照明が,全て音声対応の商品として発売されているかと言うとそうではありません。

我が家に導入したダウンライトでは音声操作の選択肢がありませんでした。

また,スマート電球はコスト的にも通常の電球より高い傾向にあります。

Bot(スイッチャー)を壁スイッチに貼らなくても良い

物理的にスイッチを押してくれるガジェットが存在します。

照明を操作する方法として,壁の照明スイッチにこのスイッチャーを貼り付けるタイプの製品です。

壁に装置がついてしまいますので見栄えが悪いです。

賃貸や後付けであれば選択肢としてありですが,あえて新築でこれを選ぶ理由はないでしょう。

また,スイッチャー自体が電池式ですので後々交換が必要になってきます。

関連記事:【完全版】SwitchBotを徹底解説【ホームIoTでSmartLife】

HEMS(Panasonicアドバンスシリーズ使用)は初期費用が高い

HEMSが何かという話はこちらの記事で説明してますので割愛します。

HEMSは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。
家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムですね。

関連記事:【決定版】HEMSってなに?わかりやすく仕組みと導入メリットを解説

ざっくり言うとPanasonicさんが販売しているHEMSがAiseg2です。

Aiseg2に対応したPanasonic社製の壁スイッチシリーズのひとつ「アドバンスシリーズ」を連携させるとスマホやAIスピーカーで操作ができます。

Aiseg2は太陽光発電の管理でいれているご家庭も多いです。

そのため、太陽光発電を導入する方はセットでアドバンスシリーズをいれるのもいいかもしれません。

私は太陽光発電の関係でAiseg2を導入しましたが壁スイッチの「アドバンスシリーズ」の導入は見送りました。

なぜかと言うと,理由は2つあります。

一つ目の理由は高いからです。
単純にアドバンスシリーズは7,000〜15,000円します。
高すぎます。
通常の壁スイッチであれば500〜1,500円ほどです。

二つ目壁スイッチは故障した際に電気工事士の免許がないと交換できないからです。

聞いたことある方もいらっしゃるとかと思います。
自宅であろうとコンセントや照明器具の一部の工事は法律で禁止されています。

ということは交換する際は業者を呼ばないといけないわけです。

スマートプラグを選んだ理由

いくつか方法を紹介してきました。
けっかとして消去法でスマートプラグを選択したわけです。

しかし,問題が生じます。

みなさん家の照明ってコンセントにさして使っていますか?

家電とは違い,照明って配線が全て壁の中でブレーカーに直接配線されています。

ダウンライトにスマートプラグをさす余地がありません。

ここで重要になってくるのが新築時の照明計画になってくるわけです。

我が家の照明計画

我が家では設計段階で,照明の配線を壁から室内に出しておいてもらう方法を取りました。

配線は,リビングから直接見えない棚の奥にしてもらいました。

パネルからコードを出し,スマートプラグを経由しコンセントにさしています。

こうすることで,新築工事には電気工事士免許が必要ですがそれ以降は免許は必要ないただのコンセントの抜き差しになるわけです。

ちなみに,スマートプラグ取っ払ってコンセントに挿せば壁スイッチで問題なく操作可能。

ライト自体は標準的なオーデリック社の何のへんてつもないダウンライトです。

照明のONOFFは下の図のような配線になっています。

引用:https://shimatake-web.com/switch-wiring/
引用:https://shimatake-web.com/switch-wiring/

今回は,壁のスイッチ(片切スイッチ)と電球の間にスマートプラグを足した形になるわけです。

もちろん,スマートプラグを使って操作できるようにするには壁スイッチは常にONの状態でないといけません。

これをもう一か所,ダクトレール照明の部分も同様に設置しています。

ここは,ダクトレール3本を別々に制御できるように照明計画をしています。

この方法だと,スマートプラグが故障しても簡単に取り替えができますし

元の使い方に戻すのも簡単です。

ただし,電気配線費用に多少手間賃の上乗せはありますがそこは注文住宅ですから醍醐味ということで。

(追記:2022/10/17)

1年間ダウンライトとダクトレール照明をこのスマートプラグをつかった方法で運用してきました。

結果として9割満足しています。
残りの1割気になりますよね。
実は、極たまーにうまく動かない時があります。
4つのスマートプラグのうち1つがオンにならないといった具合です。
これはおそらくWi-Fiの関係で命令を送ったのに何らかのエラーで受け取れなかった。
もしくはスマートプラグが何らかの理由でフリーズしてしまったかだと思われます。
壊れたわけでは無いので、プラグを抜き差ししてやると治ります。
まあだましだまし使えているので満足はしています。
家族が使っているときにこの現象がおきると私の肩身が狭くなるので気が向いたら他の方法を試そうと思います。
TPLinkのスマートプラグ特有の現象なのかSwitchBotでもおきるのかは不明です。
もし試した方は使用感をお問合せかコメントでお知らせいただけると嬉しいです。

まとめ

参考になったなと思われた方はぜひ試してみてください。

関連記事:【完全版】スマートライト30種類まとめ|2022スマート電球からLEDテープライトまで

ABOUT ME
kazu
すべての家を『スマートホーム』にするべく情報発信をしています。 これから家を建てる人,家事を自動化したい人、ハイテク家電が好きな人,一緒に豊かで快適で暮らしを実現しましょう。 レビュー依頼やご感想などあれば気軽に「お問合せページ」よりご連絡をいただければと思います。